衣類で身体を包み込んでいる冬場は
ムダ毛で悩んでいる人にとっては安心の季節ですよね。
どんなムダ毛も伸び放題!
そんなお気楽な季節は短いものです。

春、夏、秋はムダ毛の処理が欠かせません。
やはり、気になるのは衣類から出る部分ですね。
毎日人目に触れる、顔、腕、脚が
ムダ毛処理の気合を入れる場所です。

その次に気になるのは、夏場はそれに加えて
ワキも気になりますね。
これらの数箇所の処理、
どこか1箇所でも怠ると
その日のファッション計画も崩れてしまうのです。

パンツスタイルが続いた後、
今日はスカートをはいて行こう、と思ったら
すね毛の処理が出来ていない!とか
今日は暑いからノースリーブを・・・と思ったら
わき毛が!など。

気づいてからでは処理する時間が足りなくて、
結局不本意なファッションで出かける事になってしまうのです。
朝の忙しい時間にムダ毛のせいで
頭を悩ませるのも何だか勿体無い気がしますね。

いつでも思い通りのファッションを着こなせるように、
ムダ毛処理は抜かりなくしたいものです。
そのためにはやはり気になるムダ毛は
永久脱毛してしまうのが一番手っ取り早く確実な方法でしょう。

それが出来ない場合はシェーバーなどで
地道にムダ毛処理するのが一番ですね。

社会人になってからもうっかり気付かずに恥ずかしい思いをしたことがあります。

それは春から夏にかけてのひざ丈スカートファッションを堪能していた時のことです。電車に乗っていると向かいの席に座っているスカートをはいた女性の膝から下ってなにかと目につくものです。

私の前に座っている女性のスカートからのぞくすねの部分は素足でつるつるでとてもきれいでした。

その女性のすねをみてふと自分は?と、どきっとしてしまいました。

私はその時まで自分のすねが他人に見られるということを意識したことがなかったので手入れはまったくしていませんでした。

しかも私のすねのムダ毛は男性並みに濃くて太い剛毛がびっしり生えています。

おそるおそる自分の全身の姿を電車を降りてからビルの鏡に映してみると、きちんとスーツ姿のひざ丈スカートから伸びる足。その膝から下はまさにジャングルでした。

今まで誰にも指摘されたことはなかったのですが私のすねのジャングルに気付いていた人はなにか言いたかったに違いありません。

それ以来暖かい季節になるたびにエステや脱毛器具を使って少しでもジャングルが平原になるように並々ならぬ努力をしています。

ムダ毛の処理は他の人はどんな風にしているのですかね。私は定期的にエステに通ってムダ毛処理をしています。元々は自分で毎日処理をしていたのですが、とても面倒くさい。

しかも、自分で処理をすると知らず知らずの間に皮膚を傷つけてしまっていると知ってからはますます自分で処理をするのが億劫になってしまいました。

エステに通うには色々とお金も必要ですし、時間も取られるのでそれが面倒くさいと話す人もいますが、皮膚を傷つけてしまうよりはマシかなと私は思います。

エステに通ってからは毛質にも変化があり、以前と比べても毛が細くなってきました。担当してくれている人にも言われたのですが、毛質はエステに通うことで変わるらしいですね。

私の場合は今は部分脱毛だけなのですが、そろそろ全身脱毛に変更しようかとも考えています。

結局エステに通い始めてからはそれの方が自分にとっては楽だと感じているので、他の箇所も自分で処理するよりはエステに通って処理をしてもらった方が良い気がするのです。

金額も思っていたよりもかなり安いですし、私が通っているエステは他のエステと違い、執拗な勧誘をしてきませんからね。

やたらと勧誘してくる所は苦手なので、私にとっては丁度良いかも知れません。

友人を紹介してもOKらしいので、処理が面倒くさいと思っている友人たちにも教えてあげようと思います。